yasunari suda's blog comedy

yscomedy.exblog.jp
ブログトップ

2005年 07月 31日 ( 1 )


2005年 07月 31日

神聖なスポーツがコメディに

TBSがテレビ放送50周年記念に放送する
「2005年ヘルシンキ 世界陸上」が軽くヤバイ。
何がヤバイのかというと、注目選手に付いているキャッチフレーズだろう。
昔からスポーツ選手にキャッチフレーズが付かなかったわけではない。
が、今回の世界陸上のキャッチフレーズは、
古くはプロレスに遡る商業的なキャッチフレーズである。
アンドレ・ザ・ジャイアントが「人間山脈」みたいな。
もちろん、いまや、スポーツもビジネスなのだから、ビジネスとして
メリットがあれば、なにをやってもいいのかも知れないが、
今回のキャッチフレーズをいろいろ見ていると、よくわからなくなる。

まずは、
男子100m200mのジャスティン・ガリトン(米)の「最速伝説の継承者」
というのは、わかる。
女子走り幅跳びのタチアナ・レベデワ(露)の「踏切の魔術師」もわかる。
これら二つのようなキャッチフレーズは、昔からあった。

が、今回ぼくが注目しているのは、

男子100m200mのアサファ・パウエル(ジャマイカ)の
「短距離界のパウエル長官」
名前が、パウエルというだけで、、、

女子マラソンの江田良子の「世界最速の受付嬢」
マラソンと関係ないものを最速とくっ付けなくてもいいような気がする。

男子円盤なげのウィルギリウス・アレクナー(リトアニア)は、
「リトアニアのケビン・コスナー」。
いくら顔が似ていても、円盤投げとハリウッド映画では、業種が違いすぎる。

ひどいのが、
男子3000m障害のサイフ・サイード・シャヒーン(カタール)の
「100万ドルで国籍を売った男」

さらに、
女子5000m10000mのティルネシュ・ディババ(エチオピア)の
「童顔のデストロイヤー」は、どういうことだろう?
しかも女子、、、

女子マラソンの大島めぐみの
「天才肌の姉さん女房」も、まったくマラソンに関係ない気もするんだけど。
天才肌という言葉がマラソン用語に掛かってないわけだし。

まあ、というわけで、この先、スポーツがどこまで行くのか楽しみですね。
[PR]

by yasunari_suda | 2005-07-31 14:16 | コメディライター旅日記