2004年 04月 30日

私鉄沿線のマングローブ林

人生の豊かさの尺度は、笑いに恵まれているかどうかだと思っている。
現在は、たまたま、どういうわけなのか、お金を持っていることが何にも増して良いことだとされる資本主義の世の中。だけど、人類の歴史を考えてみると、
資本主義なんて、たかだか西ヨーロッパの片隅に数百年ほど前に発生した伝染病
のようなものだと思う。
「利益を追求することこそ善」という考えは、実は、社会の笑いを貧弱にする。
なぜか?それは、単一の価値観に覆われた社会は、多様性を失うからだ。
多様性のある社会。それこそが、笑いの温床となる。
それは、様々な生命を育むマングローブの自然林のようなものだ。
しかし、せっかくのマングローブの自然林も、資本の論理によって開発されて、たとえば「エビの養殖場」に姿を変えられてしまったら、もう何も起こらない。
同じことが、たとえば、私鉄沿線の街・経堂でも起きる。
a0012134_55659.jpg

いまから17年ほど前、ぼくは経堂の南側に住んでいた。
バブルのピークを迎える少し前。当時の農大通りは、まだ多様性のある商店街
だった。坂を降りる途中の右手に魚屋さんがあって、威勢のいい大将が地元の
奥さんとライブ感あふれる駆け引きを演じる。その他にも店主の個性が前に出る個人商店が軒を連ねていた。若い人には必ず、唐揚げやコロッケをおまけしてくれる惣菜屋さん、ごく少量でも嫌がらずに量り売りしてくれるお茶屋さんなど、
まあ癖のある頑固オヤジもいたにはいたが、商店街は、単に必要なモノを手に入れる場所というだけではなく、生身の人間の生身の感情と触れあえる多様性のある劇場だった。ところが、いまは、驚くほど大手資本系のチェーン店が増えてしまい、当時の賑わいとは程遠い。
多様性のあった商店街が、より高度な資本の論理の洗礼を受けて、マングローブの自然林から半ばエビの養殖場に姿を変えてしまったのだ。
しかし、同時に興味深いのは、どんなに絶望的な状況にあっても人は「例外」を作り出すという事実だ。
たとえば、広島焼きの「八昌」。本場・広島の名店で7年間修行したオーナーの
坂本さんが、23歳の若さで、3年前にオープンした人気店だ。
しかも彼は茨城出身、奥さんは鳥取出身で、経堂に縁故があったわけじゃない。
それが今や、地元の社交場的な雰囲気が濃厚な賑わい店になっている。
店内を勢い良く飛び交う数々のコトバは、豊かな笑いの森を形成していて、
「ここは単なる資本主義の世界ではない」と感じさせてくれるのだ。
実は、経堂には、このような「例外」が少なくない。
ちょっと小難しい書き出しになったけど、経堂と地域コミュニティの笑いに
ついて書いていきます。
果たして「エビの養殖場」を「マングローブの林」に変えることは可能なので
しょうか?
[PR]

# by yasunari_suda | 2004-04-30 05:14 | コミュニティ論
2004年 04月 25日

笑福亭鶴笑 in London

a0012134_45114.jpg
パペットを操り世界の人たちを笑わせる笑福亭鶴笑 さんとロンドンで
会いました。カナダのモントリオール、オーストラリアのメルボルン、
スコットランドのエディンバラという世界三大コメディ・フェスに参加して
高い評価を得た鶴笑さんは、今年から、4年間のシンガポール住まいを経て、
活動の場をロンドンに移したのです。
実は、ぼくと鶴笑 さんの付き合いは、いまから10年以上前に遡ります。
鶴笑 さんが初めて本格的にパペット落語で海外の人を相手に勝負したのは、98年7月にハンガリーで行われた国際パペット・フェスティバル。
ぼくは、そのプロデュースを行いました。
その後、ぼくはCGアニメによるギャグで、日本国内だけではなく、世界の人も笑わせたいと動いてきたわけですが、ロンドンでバッタリ。
ソーホー地区のカフェで、昔のように悪だくみやらバカ話やらをして楽しい
一時を過ごしました。互いの新境地をミックスしてコラボレーションする日も
近いかも知れません。
写真は、ソーホー地区にあるメンバーズ・オンリーの「グルーチョ・クラブ」の
前の鶴笑さんです。「グルーチョ」は、もちろん、チャップリンやキートンにも
匹敵する喜劇王兄弟「マルクス・ブラザーズ」のグルーチョ・マルクスに由来。
「オレは、自分を会員にするような会員制倶楽部には入りたくない」という、
ウッディ・アレンの『ア二ー・ホール』にも登場するグルーチョの名言は、
21世紀になっても、スパイスが効いてます。
今年もエディンバラにチャレンジする鶴笑さん。応援してます!
[PR]

# by yasunari_suda | 2004-04-25 04:52 | コメディライター旅日記
2004年 04月 25日

スイスのTVフェスに参加しました

a0012134_42511.jpg
スイスの国際TVコンテンツ・フェス“ROSE D'OR”から戻りました。
同フェスは、東京国際モーター・ショーのTVコンテンツ版のようなイベントで、 言ってみれば、コンテンツの見本市です。
40年以上の歴史がある中で、特にコメディのジャンルに定評があり、
たとえば、『モンティ・パイソンズ・フライング・サーカス』や『Mr.ビーン』
などは、ここの受賞がきっかけで、世界的なヒット作品となりました。
場所は、フランス語圏のモントルーからドイツ語圏のルツェルンへ移動。
ぼくは5年ぶりの参加です。
実は、有限会社・大日本生ゲノムが、オモチャのタカラさんの子会社の
タカラモバイルさんと共同製作したコント番組「Yellow Subliminal」を
引っさげての参加。
こちらは、「Social Awareness Award」という、いわゆる社会派の視点を含む
コンテンツの賞にノミネートしていただきました。

と、今年ビックリしたのは、ドイツ製コメディの進化と充実です。
このまま行けば、アメリカやイギリスのコメディに肩を並べるのでは、
ないでしょうか、ということになっていたのです。
5年前は、まだイギリス人のお雇いコメディ・ライターに英語でコントを書いてもらい、それをドイツ語に翻訳するなんてことが普通に行われていたのに。
思うところあって‥‥
『魔女とカルトのドイツ史』(浜本隆史・著/講談社現代新書)という本を
まずは手引きにして、ちょっとドイツのコメディについて考えてみることに
しました。これからの21世紀。ナチスのトラウマを脱却しつつEUを引っ張るドイツのコメディは、いろんな意味で面白いかも知れないという直感がします。
それは、たとえば、大英帝国の消滅がモンティ・パイソンを生んだというような
大きな流れの中で考えて面白いということです。
もちろん具体的な個々のストーリーやギャグも面白いですが、
まとまったら、発表します。
[PR]

# by yasunari_suda | 2004-04-25 04:26 | コメディライター旅日記
2004年 04月 04日

経堂 コメディ→コミュニケーション→コミュニティ

TVがメディアの王様だった時代が終わろうとしているような気がします。
また新しいオモシロイことが始まりそうな予感もします。
というのも、広告媒体として最強のメディア・パワーを誇ったTVに、
多くの人が、これまで、あまりにも振り回されすぎたんじゃないかという気が
するからです。例えば、タレントが自分の私生活や交友関係について語るトーク番組を家族や友人・恋人と見るなんて風景が今でも多く残っているわけですが、そんな時間があるのなら、実際に隣にいる、手を伸ばせば触ることのできる家族や友人・恋人、他どんな人とでも、側にいる人のことを知り自分を知ってもらうために時間を割くことの方が大切だというのが僕の今のところの考えです。
a0012134_171654.jpg

「”現代はコミュニケーションの希薄な時代”で、それが様々な犯罪の原因にも
なってきた」とは良く聞かれる論説ですが、それは、多様なコミュニケーション
があった方が実は面白い社会の中で、儲かるメディアという資本主義的な正当性を持つ”TVから視聴者への一方通行のコミュニケーション”が、あまりにも
幅を利かせ過ぎてきたことと無関係ではないと思います。
TVを見る時間を、側にいる人と知り合い&深まる時間に交換する。
実際に会ったことのないタレントのトーク番組を消して、オバアちゃんの若い頃の話を聞いてみることで新しいものが立ち上がってくるはずです。
アングルを変えて世界を見てみる。それは、コメディの手法の1つです。
そんなコメディの手法を用いて、里山の植生にも似た多様なコミュニケーションが楽しめるコミュニティを夢想してみる。
コメディ→コミュニケーション→コミュニティへ。
実は、そんな試みを、世田谷区・経堂エリアに興味を持つ仲間と始めています。
まだ立ち上がったばかりですが、これから雑木林のように育つはずです。
経堂ドットコム
[PR]

# by yasunari_suda | 2004-04-04 17:17 | コミュニティ論
2004年 04月 04日

コメディって実は何なんだろう?から始めるコメディ雑記

コメディライターの須田泰成です。1968年生まれの36歳です。
さいきん、会社勤めを辞めて、コメディライターという職業を勝手に
名乗りはじめて、ちょうど10年が経っていることに気づきました。
『Mr.ビーン』や『モンティ・パイソン』などのコメディ本を数冊、
人格を持ったゴミが登場キャラというNHK人形劇シリーズの原案・脚本や
多数のコメディ的アニメのシリーズ構成や脚本、TVのコント番組、
いわゆるスネークマン・ショー的なものも含まれるラジオ・コメディ、
コメディ映画の字幕監修や各種レビュー、コメディ小説や新作落語の執筆、
講演など、振り返れば、いろいろやってきました。
昨年は、コメディを専門とするクリエーティブ・ファクトリー
有限会社・大日本生ゲノムという”おバカな”法人を立ち上げ、
モンティ・パイソン遺伝子が宿るギャグ番組やCGアニメーションなど、
コメディ・コンテンツの総合プロデュースを開始。
まあ、なんだかコメディを生業にして、妻と猫2匹(時には5匹だったり)の
食い扶持を稼いで暮らしているわけです。
というわけなのですが、さいきん、困ったようなことに、
「コメディというもののまるでアマゾンのジャングル(行ったことないですが)のようなとらえどころのなさ」を、これまで以上に深く実感するようになって
きたのです。もちろん、これまでもコメディをなめてたわけではないのですが、
さらに一層「なんだかこれはスゴイぞ」と、思うようになってきました。
そして、そんなコメディというものの”アマゾンのようなジャングル感”を
なぞるには、新しい方法があるんじゃないかと思うようになってきました。
その1つが、実は、このblogという新しいツールなのです。
では、これから”コメディのジャングル”にわけいる旅に出ます。
途中経過を報告いたしますので、興味を持たれた方は、是非お読みください!
[PR]

# by yasunari_suda | 2004-04-04 14:06 | コメディライター旅日記