yasunari suda's blog comedy

yscomedy.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 01日

「春の小川スローコメディ・ツアー」

誰もが知ってる あの童謡「春の小川♪」に歌われた
せせらぎの美しい小川のモデルは 実は「渋谷」なんだそうです。

が、小さな生命が楽しげに躍動する
爽やかな歌詞からは想像もつかないことに、
美しかった「春の小川」は いまは 暗い地面の下。
30年ほど前にフタをされてしまい、
それからずっと、光のない闇のトンネルを流れているのです。
一部、JR渋谷駅の埼京線のホームと明治通りの間から
地表に顔を覗かせますが、はっきりいって ドブ川です。

そんな「春の小川」を再生しようとするエコ・プロジェクトが
渋谷川ルネッサンス。

日本スローコメディ協会 は
そんなプロジェクトをコメディの力で応援することにしました。

悪だくみの概要は こんな感じです。

渋谷区内には、
初台と参宮橋の間の水源から
渋谷の宇田川交番の裏手まで、
「春の小川」跡地をオリエンテーリング的に
巡るための標識が30カ所あったりします。
その各標識に それぞれ別の「QRコード」をあしらって
携帯でダウンロード&視聴可能な「春の小川」的コントを
30個ほど仕込むことで、
ウォーキングしながら 標識と出会うたびに コントを聴く、
1個、2個、3個・・・・笑いながら、30個と聴くうちに、
「春の小川」のことを深く知り、
さらには「春の小川」の気持ちがわかるようになる。

まあ、エコツアー+スローコメディが融合する
メディアアートみたいなものですね。

さて、「春の小川スローコメディ・ツアー」のコースは、こんな感じです。

甲州街道にも近い、刀剣博物館の側に水源跡地があります。
3年前まで湧き水のでる池だったのが、池が埋め立てられて、
マンションになってしまいました。
a0012134_1943591.jpg

水源跡地の前の道です。
a0012134_1944874.jpg

マンホールに耳をあててみると、
さらさらと春の小川が流れる音が聞こえてきます。
a0012134_194599.jpg

昔は、レンゲが咲き誇った小川と谷間。
いまでは、びっしり住宅街です。
a0012134_1951160.jpg

この道路は、かつて春の小川でした。
廃業した銭湯は、川沿いにあったんですね。
a0012134_1952125.jpg

小田急線の線路沿い、
参宮橋駅と代々木八幡駅の間にも春の小川が流れていました。
a0012134_1953256.jpg

a0012134_1954299.jpg

小田急線、代々木八幡駅のそばに
「春の小川」の歌碑が、ひっそりと佇んでいます。
a0012134_196768.jpg

NHKの裏あたり。
a0012134_1961827.jpg

歌織容疑者が犬の散歩をした遊歩道の下にも、
実は「春の小川」が流れていたのです。
a0012134_1962870.jpg

ここが最後の標識です。
ここまでくると、センター街は目と鼻の先。
a0012134_1964194.jpg


その後の春の小川は、
渋谷センター街を流れ、ハチ公前を通り過ぎ、東急東横店の下を流れ、
山手線をくぐり、明治通りとの間に顔を出します。

サイトとコメディが完成して、
「春の小川スローコメディ・ツアー」が実際に行えるようになるのは、この春。
ご興味のある方は、楽しみにお待ちくださいませ。
[PR]

by yasunari_suda | 2007-02-01 19:12 | コメディライター旅日記