<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 31日

大晦日 東京漫才とジョージ・ソロス


2005年最後の日、
珍しく家でTVを見ながらお昼を食べていると、
東京漫才のコンビが何組か出てきた。
なかでも、あした順子・ひろし師匠が、圧巻。

いったい年齢は幾つなんだろう?
見る度にパワーアップした得体の知れない迫力を醸し出している
超ベテラン・コンビである。
夜、日本テレビで、若手のお笑い芸人たちがネタを披露していたが、
どれもこれも言うまでもなく足下にも及ばない。
どうして、あした順子・ひろし師匠がゴールデンタイムじゃないのか?
それは、現在の日本のメディア文化の脆弱さの現れである、という気さえする。
そんなことはともかく、
順子師匠は、サンバのリズムと共に現れた。
マツケン・サンバの真似ではあるが、
この地球上で唯一無二のサンバになっている。
揺れるゼイ肉、弾むシワ。そして漲る自信。
その後、
ひょこひょこ順子師匠の下僕のように頼りなさげに現れるひろし師匠。
そよ風に吹かれても飛んでしまいそうなひろし師匠を
ダミ声で圧倒する順子師匠。
「わたしたち夫婦じゃないんです。
 援助交際でもない。
 介護交際です。」
ドカンと爆笑に包まれる浅草公会堂。
大晦日のTV、最後の最後に本物の“勝ち組”を見た気がした。

勝ち組・負け組は、2005年を代表するキーワードだった。
非常に薄っぺらい価値基準に裏付けられた言葉だったと思う。
なぜなら、「勝ち・負け」の基準が、お金の多寡でしかないし、
それ以上の価値ある深みが感じられないからだ。
ぼくは、ヒルズ族を代表する人々に豊かさを感じない。
なぜなら、彼らの発言は薄っぺらく、想像力が感じられないからだ。
作家の高村薫さんが、或る雑誌で、
「ヒルズ族たちは、自分たちが富を独占することによって、
 将来、ヒルズの周囲がスラムに取り囲まれてしまうかも知れないなどと
 感じる想像力がなく、大人の考え方ができない」
という意味のことを語っていたが、まったく同感である。
ヒルズ族を中心とする彼らIT長者・金融長者たちは本当の金持ちではない。
ITをきっかけに爆発的な変質を遂げた金融資本システムを受けて、
「他人よりも多く稼ぐ」という単純なアングルからしか世界を見ていないように思える。
現在の金融資本システムには、相当なプラス面と相当なマイナス面がある。
つまりは、無視してはならない矛盾に満ちたシステムであり、
決して手放しで賞賛してはいけない不完全なシステムであるということだ。
日本のヒルズ族が如何に薄っぺらいかを実感するには、
たとえば、ハンガリー生まれの投資家・哲学者・慈善家 などの肩書きを持つ
ジョージ・ソロスについて考えてみると良いかも知れない。
毀誉褒貶の激しい彼について、知れば知るほど、世界が複雑に見えてくる。

老境においても現役として輝き続けるあした順子ひろしとジョージ・ソロス。
この二つを対等に有機的につなげる何かがないのかと考えて年が暮れていく。
実は、何かはわかってる。
それは、きっとコメディに違いない。
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-31 23:51 | コメディライター旅日記
2005年 12月 30日

今年を振り返って

今年の重要トピック、第1位は、まちがいなく「育児」でした。
1月には寝たきりの四ヶ月だったのが、いまヨチヨチ歩きの一歳四ヶ月に。
様々な感動と様々な苦労の連続。

ぼくが育児の当番を一人でするのは、
平日は、二日。それも夕方から。
妻の労力と比べると、何十分の一、何百分の一だと思うのですが、
それでも、
仕事をする女の人が、「仕事」と「出産」どっちを選ぶかで悩むこともあるのは、
わかるような気がしました。
赤ん坊は、常に100%で接しなければいけないもので、
また、100%で接しないと、可愛さも素晴らしさも100%わからないという
特殊なものだったりします。
仕事それ自体も、失敗は許されないプレッシャーの多いものですが、
赤ん坊は、そんな仕事よりも失敗を許されない絶対的に大切なものですからね。
なかなか両立は難しい。
たとえば、20代から40代の男性が、
その働き盛りの時期に、
仕事を2〜3年ほど休んで、優先順位の二番以下にして、
出産・育児と同等の体験をすることをシュミレーションしてみると、
どうでしょうか?
単純に肉体的・精神的な負担と別に、
「自分のキャリアへの不安」などは、かなり大きなもののような気がします。
よく男性は、出産の痛みに耐えられないといいますが、
出産によるキャリア中断の不安にも同様に耐えられないような気がします。
これは、仕事=アートなどの場合も同様でしょう。
育児は特殊な重労働です。

いろいろ考えることが多い年でした。
これまでとは違うアングルの物事にアプローチできた貴重な年でした。

そんな今年、

大阪の下町では、
「子供が産まれると、子供が仕事を連れてきてくれる」と言いますが、
それは、本当だったかもしれません。

ハズレもありましたが(笑)、多分、1本だけ。

が、ほとんどは、いい結果を残せたように思います。

CGアニメを2作品。
DVD化、3作品。
放送用の映像作品を22本ほど。
ショートムービーも十数本。
本が一冊。
本の企画は、四冊。
WEBいろいろ。原稿いろいろ。
CGギャグ・コンテンツが海外の賞にノミネート。
その他、喋ったり、書いたり、いろいろな仕事をしました。
仕事は、充実の一年でした。

来年は、ある方と、かなり面白いプロジェクトの立ち上げなど、
メディアのためにコンテンツを作ることに加えて、
自らメディアを立ち上げてビジネス化する試みを加速させることになっています。

前に書いたことの繰り返しになりますが、
世の中「乱世」なわけですから、
自分に合ったやりかたで、いろいろ仕掛けた方が楽しいと思っています。

と、
今年、本当に良かったのは、
いろんな楽しい人たちと知り合えたこと。
こと「出会い」や人間関係の熟成に関しては、
2005年は、このような仕事を始めて16年を過ぎましたが、
かなりの豊作年でした。

来年は、とても楽しい年になりそうです。

みなさんも良いお年を!
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-30 15:30 | コメディライター旅日記
2005年 12月 27日

携帯で写真を撮るノリでラジオ番組を作ってみる

橋本治が言うには、
いまの時代は「乱世」なんだそうだ。
『乱世を生きる 市場原理は嘘かも知れない』(集英社新書)という本は、
かなりオモシロかった。
現在のニッポンの政治を中心とした状況を
室町時代から戦国時代に重ね合わせながら乱世だと説く
シャープな文章は、いろんな物事をスッキリさせてくれた。

話は急に飛ぶのだが、
どんな世の中でも、
そこからタイムマシーンに乗って脱出したりできない以上、
楽しんでしまうしかない。

たまたま、いまの世の中では、
テクノロジーの大衆化という好ましい流れがあったりする。
昔なら、何億円もかかった、映像の編集や合成を行うハードが、
デジタル・ビデオカメラ、PC、ソフトなどなど、
あわせて50万円もあれば、揃ってしまう。
あとは、夢中になって作るだけだ。

さらに、昔なら、メッセージを発信するメディアを持つには、
莫大な資本が必要だった。
ゲリラ的なFMや雑誌でも、許認可やそれなりの資金が必要だった。
それがいまでは、
ホームページやブログなど、いろんな方法がある時代になった。
さらに「検索」という概念と方法が、従来のメディアや情報の序列を変えつつある。

本当に面白い時代になった!

そんなことをいつも考えているわけですが、
大人のオモチャを買ってしまいました。

軽い!小さい!簡単!しかも高機能!
WAVE(16bit/44.1kHz)のクォリティーで
180分以上の録音が可能!
(2ギガのコンパクト・フラッシュメモリーを使えば)
USBケーブルで携帯やデジカメ写真を取り込むように、
音声ファイルを取り込めるのです。

これをいつも持ち歩けば、
携帯で写真を撮るノリで手軽にラジオ番組など
音声コンテンツの素材を録れる、と。

経堂系ドットコム
日本スローコメディ協会
個人ホームページ

この人との話はオモシロイな〜と、思い立ったが吉日。
すぐに録音! 背中に背負ったノートパソコンに取り込んで、
サウンドエフェクトで簡単編集。
ちょっと凝りたいものは、事務所でプロトゥールス。
ホームページに即アップ!
楽しい時代になったな〜!
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-27 16:50 | コメディライター旅日記
2005年 12月 24日

人の味覚に敏感になる

写真家をやってる妻のバーの常連のお客さんが、
かなりいい感じらしい。
もともと、ぼくよりもっと人に関する嗅覚の鋭い人間で、
動物的な勘がスゴイ。
この数年は師匠のせっちゃんにも鍛えられてきたから、
それは本当に人と人の輪が熟成されてきて、
バーの空気がいい味を醸してきているのだと思う。

考えてみると、
ぼくと妻が3年前に創業した世田谷の経堂あたりにあるうちという
うちの価値観は、人間に関する味と熟成にこだわる家であるように思う。

どんな人を見ても
「あの人は味あるな〜」とか「ないな〜」とかいう感じで、
まず、そういう直感の具合だけを基準にするところがある。
お互いが、いままで生きてきた結論として、
大金持ちであるとか、貧乏であるとか、実家が立派であるとか、
昔ワルかったとか、フリーターであるとか、エリート社員であるとか、
運動ができるとか、いい車を持っているとか、三畳一間に住んでいるとか、
お母さんがスゴイ人だとか、知識の量がスゴイとか、有名であるとか、
そういった属性よりも、味があるかないか、が、確実な判断基準になると、
いうことで一致している妙な家なのである。

お互い、大阪の学区が隣り合うあたりで育っていて、
学年が同じでありながら、互いの出身校のことなど、ほとんど知らない。
名前さえ、うろ覚えもしくは、わからないままである。
どうして、そんな具合なのかというと、
実は、それが「得だから」なのだった。

物識りな人にも、味のあるのとないのがいるし、
60歳のホームレスのオッチャンにも、味のある人とない人がいるし、
2000年続く名家にも味のある当主と味のない当主が、きっといるし、
スラム街にも味のある人と味のない人がいる。

会社が有名だからといって味のない人と仕事をすると、
あんまり良い結果にならない場合が余りにも多い。
要するに、人ってことなんですかね。

今年は、いろんな味のある人たちに支えられて無事に年を越せそうだ。
未来につながる味な企画たちも始動しはじめている。
来年も、いろんな人たちが安心して遊びにきたり仕事をしたりできるように、
こちらの味もぼちぼち追求しないといけませんね。
もちろん、万人が好む味ではありません。
なんせ、ユートピア好きですからね。
味の定義は、また改めて。
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-24 15:34 | コメディライター旅日記
2005年 12月 20日

年末の離散する関西人

昨夜は、
mix 「経堂系コミュを活用する」を中心とした忘年会。
太郎さんに30人近く、いい雰囲気で盛り上がりました。
一時は、カウンターの中にまで参加者が押し寄せるほど
楽しかった!

が、宴もたけなわの12時前、
突然、先に帰宅した妻から電話が。
忘年会が楽しかったらしくテンションが上がった
うちの子が、ソファの上で猫と遊んでいるうちに、
一瞬の隙をつき、落下。
TV台の角で打ったらしく、口の中が血まみれだという。
急いで帰宅、すると、痛さのピークは過ぎたらしく、
ヌイグルミを持って駆け回っている。
が、大人の鼻血くらいの勢いで血のついたティッシュが、
幾つも散らばっている。
ひぇ〜っ! 
妻が大蔵の小児科のある救急医療センターに電話したら、
「検査した方がいいので、すぐに来てください」とのこと。
太郎に乳母車を取りに戻り、ちょうどお開きだったので、
みなさんに挨拶をして、また帰宅。
すぐ病院へ。

最近、新しくなったという病院は、
昔のような暗〜いジメジメした、
経堂でいうと児玉病院のような、
待ち合わせにいるだけで、病気になりそうな、
そんな雰囲気ではなく、
まるで、昔で言えば『ママとあそぼう ピンポンパン』の
スタジオのような楽しいインテリアに囲まれていた。

静かな夜だったけど、救急車が何台も駆け込んでくる。
初め看護士さんに見てもらってから、
待つこと2時間、
診察室に通されると若い爽やかな感じの男のお医者さん。
これこれこうで、と妻とぼくが状況を説明すると、
子供の様子を観察しながら
真剣な面持ちで話を聞かれた後、
お医者さんは、口を開きかけた、
次の瞬間に出てくる言葉を絶対に聞き漏らすまいと
真剣に耳を傾ける私たち。
そんな先生の最初の言葉は、

先生「 関西の方ですか?

えっ?と思いながら、

我々「ええ、二人ともそうですけど」

と、続ける私たち。
言葉のキャッチボールが始まった。

先生「どちらですか?」
我々「わたしは天王寺の近くです」
先生「へぇ〜」
私「北田辺やんな?」
妻「どちらですか?」
先生「神戸です。でも、親は住吉(区)なんです」
妻「ご近所ですね〜」
全員「あははははは‥‥‥あははははは‥‥‥‥」
私「 この子、生まれたん、新世界ですよ 
  通天閣の200m北側

妻「ほんまなんです」
全員「あははははは‥‥‥あははははは‥‥‥‥」
私「愛染橋病院です」
全員「あははははは‥‥‥あははははは‥‥‥‥」

妙な関西ノリのふわふわ感が病室中に充満していた。

子供の検診の結果は、出血は完全に止まっているし、
傷も、前歯の上以外にはないし、大したことがないとのこと。
ただ、前歯の一本が少しグラついているので、
時間が経っても安定しないようだったら、
歯医者に行くように勧められる。
たぶん大丈夫だが、最悪は、永久歯が生える6〜7歳まで、
すきっ歯か、前歯一本なしっ子になるかもしれない。

が、関西ノリに包まれていた私たち夫婦は、
「それも可愛いな〜、
 そうなったら吉本決定やな〜」とか怒られそうなことを
いいながら、帰宅したのでした。

忘年会と、二次会の関西ナイト。 
ゆる〜く盛り上がった夜でした。
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-20 17:22 | 離散する大阪人
2005年 12月 14日

元祖・日の丸軒

来年度の妖しい企画の打ち合わせで、羽根木へ!

これはかなり妙だな〜という企画の打ち合わせをする時、
大切なのは、打ち合わせの環境。
オフィスビルの会議室では気分がげんなりするし、
ファミレスでもアイディアは湧かない、
生ゲノムの事務所は、いつもいる場所なので、
非日常感が薄い、
経堂にはいい店がいろいろあるが、
が、しかし、ここはドカンとわけのわからない妄想をブレストさせてみたい時、
経堂から自転車で十数分、
羽根木の環七沿いにある「元祖・日の丸軒」なら、
まず、どんな妄想も小躍りしてフリチンでスキップすること間違いなし。
妖しいアイディアは、さらに妖しく。
いけないアイディアは、さらにいけなく。
クールなアイディアは、シベリアのツンドラのように。
脳味噌にアドレナリン充満。
料理は、中級ユーラシア料理。
シルクロード沿いのものを中心に幅広いメニュー。
西から東へ。モロッコのクスクス、ローマ風の包みピザから、
エジプトのコロッケ・ターメイヤ、各種・羊肉料理、各種カレー、ベトナム料理、
ウナギのサルティンボッカ などなど、非日常感スパイスたっぷりです。
ナンのもっちり感は、知ってる限り、近隣で随一だと思います。
ワインの品揃えも多く、100 年前の貴腐ワインから手頃なハウスワインまで。
オーナーのアンドレさんのキャラクターも選曲も最高。
たまに通わないと、大切な心のビタミンが切れてくる。
そんな不思議なお店です。
a0012134_16464779.jpg

[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-14 16:47 | コメディライター旅日記
2005年 12月 13日

12月4日の週

【某日】
仕事中は、たいてい、FMを聴いているが、
このところは、やはり、ジョン・レノン一色。
あれから25年。
ジョンが死んで、約10年で東西冷戦が終わって、
日本はまだバブルの余韻に包まれていて、
政治的にも経済的にも悪くない感じが満ちていて、
なんとなくイマジンのメッセージが現実になった気がしたのも束の間、
冷戦終了後のオールタナティブなシステムの不在が、
民族主義や宗教の原理主義の過熱化を許し、
まるでパンドラの箱を開けたように、
戦争の火種が世界各地に飛び火するきっかけとなってしまった。
並行して日本のバブルも崩壊して、日本はマネー敗戦を体験する。
冷静時代には、比較的安定していた多くの地域でも
凄惨な争いが繰り広げられて、
9.11の同時多発テロで明けた21世紀は、
実は本格的に戦争の世紀になるのではないかとさええ思われる。
ちなみに、ある本によると、
20世紀は石油が戦争の原因となった世紀
21席には水が戦争の原因となる世紀   なのだという。

ところで、オノ・ヨーコの人物史です。

夜、中丸謙一郎さんと中丸事務所の川崎さんが、
浜田山からチャリンコで経堂へ。
「らかん亭」で怪しい本の打ち合わせ。
中丸さんのコンセプトは、かなり時代を串刺しにするものだと直感。
なぜか、打ち合わせ中にチ○ポという言葉が乱れ飛ぶ。
100回は乱れ飛んだが、
乱れ飛ぶ度に企画内容が熟成されていくような気がするから不思議。

後で、棋士の高野秀行さんも混じり談笑。

【某日】
ネットは、昔は毎日のように顔を合わせていた学校の友人や
仕事の同僚と再びつながる機会を与えてくれる。
この日は、
20代の前半、大阪のTV番組制作会社で共に働いた一柳裕規さんから連絡が。
以前、このブログにも書いた「虎の穴」のような会社の二つ年上の仲間です。
一級建築士としてお忙しくされておられるのに、
毎日、このブログを読んでくださっているという。
あの会社だけは、本当に凄かった。
なんせ、社長の拳のカタチというか痕跡が、ロッカーとか、壁の一部とか、
オフィス家具とか、およそ社長の拳よりも軟らかいところに、
ジュラ紀の地層にある恐竜の足跡みたいにつきまくっていました。
なかなか家に戻れずに、
一柳さんとアメリカ村のカプセルホテルに泊まったことなど思い出す。
あの会社にいたことで、コメディに対する感性が磨かれたことは間違いない。
そして、なんとも興味深い話を伺う。
ミナミか京橋のなんて事のない居酒屋で飲みながら話がしたくなった。
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-13 15:22 | コメディライター旅日記
2005年 12月 12日

経堂系ドットコムを更新しました

11月21日に行った
遠藤書店 × 経堂系ドットコム コラボ企画
KYODO BOOK CAFE の報告です。

経堂西通りが誇る昔ながらの大阪お好み焼き屋さん
「ぼんち」の記事を追加しました。

あと、デザインもリニューアル中。
年明けからは、ネットTV/ネットラジオをスタートします。
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-12 15:18 | コミュニティ論
2005年 12月 07日

甘ぼうの松茸ごはん

【某日】
コンビニ、ファミレス、チェーン店のファスト・フードなどは、味気ない。
コンビニやファスト・フード店で買うことが定番になった感のある
”お弁当”や”おにぎり”や”ハンバーガー”や”牛丼”なども
地元・経堂の個人商店で手に入れる。
この日は、おにぎりを買いにすずらん通り商店街の老舗・甘ぼうさんへ。
が、おにぎりではなく、旬の松茸ごはんを買いました。

a0012134_1142014.jpg


経堂の和風ファスト・フード です。

結構いいお店がありますよ。
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-07 11:42 | コメディライター旅日記
2005年 12月 06日

親友が渾身の一冊を書いた

事務所で仕事をしていると、妻から弾んだ声の電話。
「すごいものが届いた!」と。
帰宅すると、高校時代からの親友の著書が届いていた。
5年前に那須から会津、安達太良山周辺にかけて、
圧倒的な紅葉に包まれながら温泉と蕎麦屋や山のレストランを巡り、
ドライブした時に書きはじめていると聞いていた。
レコンキスタ後の時代のスペイン(イベリア半島)に暮らし、
その多くが海外に生命の危険を感じて移動した改宗派ユダヤ人=マラーノの末裔、
そのうちの一人、西インド諸島生まれの印象派画家ピサロの物語。
「かなり、こだわっている」ということだったが、これはスゴイ。
これぞ、仕事だ!
まず表紙を見て、そして、目次へ、頁をめくってみると、
『逝きし世の面影』を初めて手に取った時のような深いものに包まれた。
まだ読む前ではあるが、
美術史的な成果(もちろん、ぼくは深くは知りませんが)だけではなく、
この書籍には、
自分の目やメディアを通じて感じられる歴史を懐疑的に透視するセンスや視点と、
メディアや政財界人の煽動によってアメリカ化すると言われる現在の
ニッポンの風景をも、また、懐疑的に透視するセンスや視点など、
21世紀をクリエーティブに生きるために必要な生きた情報も含まれているような、
かなり静かな興奮を与えてくれる一冊であることが伝わってきた。
「おめでとう」というひと言では言い尽くせない感慨というか感動というか、
生きていると良いことがあるなという深い気持ちがある。

10代後半からハタチくらいの頃、
一緒に日雇いのアルバイトをして貰った金で、
まだ風情のあった早稲田の古本屋を巡ったり、
中井と新井薬師の間の四畳半のアパートで
得体の知れない安いウイスキーを飲んで騒いだり、
下落合のファミレスでコーヒー一杯で
朝まで澁澤龍彦の話をしたり、
お互いが嫌なバイトを辞める際に「バイクで事故って」とか嘘の電話を
掛けて助け合ったり、
250ccのバイク一台で引っ越しを手伝ってもらったり、
いろんな思い出が蘇る。書き尽くせない。
長電話が主なコミュニケーション手段となった20代以降も色々あった。
やがて、温泉を巡る家族ぐるみの付き合いへ。
会話の内容も、若い時代のいま振り返ると青い微笑ましいものから、
会う度に濃い熟成度の高いものになっていたような気がする。
これまでに彼が書いた完成度の高い論文も読んできたけど、
こういう進化系を手に取ると、
思わず柄にもなく「相田みつを」みたいなことを言ってしまいそうである。

人生だなぁ        なんて

『ピサロ/砂の記憶』(有木宏二・著/人文書館)

ちなみに、著者近影の撮影は、うちの妻。
著者が戯れている足の悪い小さなハトは、
うちの初代・愛娘「ポーちゃん」です。
[PR]

by yasunari_suda | 2005-12-06 12:40 | 離散する大阪人