<   2004年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2004年 08月 29日

この”THE”って何やねん!?

大阪市平野区の旧市街にある不動産屋さんの看板。

ザ・賃貸

って、この気負いが、たまらん感じです。
でも、果たして、意味はあるのでしょうか?


a0012134_1172779.jpg

[PR]

by yasunari_suda | 2004-08-29 01:16 | 関西の笑い
2004年 08月 29日

意味もなく横文字を繰り出す店

大阪市東住吉区の商店街にある お豆腐屋さん。
店にくるお客さんの9割は、オバアチャンかオバチャンなのに、

ビーンズショップ って。。。


a0012134_1125726.jpg

[PR]

by yasunari_suda | 2004-08-29 01:11 | 関西の笑い
2004年 08月 28日

壊してもいいのか?!

いま流行りの価格破壊。
しかし、堂々と宣言して良い場合と悪い場合が
あるような気がする。
ちなみに撮影したのは、お盆だった。
a0012134_20422853.jpg

[PR]

by yasunari_suda | 2004-08-28 20:40 | 関西の笑い
2004年 08月 28日

理容・男前

今度ここで散髪してみたい。
a0012134_20392914.jpg

[PR]

by yasunari_suda | 2004-08-28 20:37 | 関西の笑い
2004年 08月 22日

ちちもみさんの真実が‥‥‥

6月9日に書いた「ちちもみさん」の真実が、
そろそろ明らかになってきました。
[PR]

by yasunari_suda | 2004-08-22 22:11 | コメディライター旅日記
2004年 08月 22日

生ゲノム・ブランディング

尊敬してやまない日本のサブ・カルチャーの元祖、
故・植草甚一氏が「飽きずにブラつける街」と書いたコラムを読んで
17年前に住みはじめた街・経堂。
サスペンスの神様ヒッチコックや喜劇王ハロルド・ロイドと親交があり、
1ドル360円の時代からニューヨークの裏町に路地まで精通し、
ジャズの大御所ソニー・ロリンズを連れて銀座を飲み歩いた植草甚一氏が
暮らした何の変哲もない私鉄駅周辺の魅力が、
最近、わかってきたような気がします。
8年ほど、大阪・ロンドン・ブダペストに暮らしたブランクはありましたが、
ふと気づくと、何年か前から、家族ぐるみの付き合いがあるお店が、
20〜30軒ほど。
商店街を100メートルも歩けば、必ず2〜3人の顔見知りに
「よっ!」とか「ネコちゃん元気?」とか「暑いねぇ!」とか
「ビール一杯どう?」とか、いろいろ声をかけられるようになっていました。
コメディ・クリエーティブ・ファクトリー、大日本生ゲノムを立ち上げて1年。
ようやく色々な余裕もでてきて、松原高校の側にある銭湯・月見湯の温泉に
浸かりながら冷静に考えてみると、やっぱり、プロジェクトを進行するベースは、
そんな経堂がいいんじゃないかと。
そういうわけで、この夏、事務所を経堂に移しました、
というか仕事場を元に戻しました。
経堂駅から徒歩4分。以前から、よくハンガリー料理パーティなどの
ドンチャン騒ぎをしている、日頃お世話になっている方々にはお馴染みの
赤堤の自宅から徒歩10分。
この秋からの生ゲノムは、コミュニティ感あふれる経堂を地元とする
新たなオリジナル・コメディ・ブランドの発信源として始動します。
ロンドンでいえば、ジョナサン・バーンブルックのバーンブルック・デザインの
ような批評性とソーシャル・デザイン的な発想を持つ、
アムステルダムでいえばストロベリー・フロッグのような俊敏さと
国内外への人的ネットワークを持つ、
住宅街の中のゆる〜いクリエーティブ・ファクトリー。
この年末には、『モンティ・パイソン大全』の執筆以前から、
数年間に渡って少なくないエネルギーを注いできたコメディ界のビートルズ
「モンティ・パイソン」のローカライズの仕事の区切りとなる出版の仕事が
完了するので、
バカ・ショートムービーやバカ・CGアニメーションなど、
この秋から始動する新しいコメディ・プロジェクトに注ぐ時間も格段に
増えてきます。
9月には、新しいサイトの立ち上げとともに、ブランドステートメントも
発表します。
[PR]

by yasunari_suda | 2004-08-22 03:51