2008年 05月 31日

深くて楽しい地元でシェアする気持ち。

原油の値段や食料品の値段が高騰し、
来年は、いよいよ消費税も二桁に突入するような気がします。
その分、
一般ピープルの暮らしが圧迫されるのではという不安がつのります。

いちばん大切なのは政治ですが、
身の回りの人々、コミュニティの力を再確認することで、
楽を見いだすこともできるのでは、とも思います。

心のあたたかい個人店を舞台にまったり広がる
新しい出会い、新しい交友、新しいコミュニティをテーマに
ゆるーく、この数年やっている経堂系ドットコムでは、
経堂系シェアリングをはじめています。
いろんなものをシェア(=共有)することで、
経堂ライフが もっと楽しくなるのでは という考えに基づく
「経堂系シェアリング」です。
a0012134_637511.jpg

例えば、お店の定休日を利用した、
こんな企画wednesday curry cafeなどが盛り上がってきています。
他にも、daysuke's bar
こんなライブ
こんなライブなど。
常連さんがカフェの定休日に開いてしまった
こんなオープンカフェもシェアの好例です。
こちらは、焼き鳥屋さんの定休日に出現した串カツ屋さん

場所や機会を持っている人と
アイディアと行動力を持っている人が
こんな風にシェアすることで生まれる楽しいことは、
案外、無尽蔵の可能性を秘めているような気がしています。

週に一度の定休日というのは、全体の七分の一。
およそ14パーセント。
ささやかですが決して少なくもない、
そんなリソースを使って、
心ない投機マネーも主因の一つである物価高や
政治の欠落が招いた増税などに暗い気分にされないで、
逆に地域を活性化して楽しいことを生み育てることは、
なかなか良さげです。
[PR]

by yasunari_suda | 2008-05-31 06:47 | コミュニティ論


<< 森を作ってきた80歳のオジイち...      戦争と笑いを考える時期なのかも... >>